同志社東京校友会

TEL 03-5579-9728

観に行こう・聴きに行こう校友のひろば

観に行こう・聴きに行こう

【ライブ情報】 ハーディー氏子孫のギタリスト Japan Tour 2017 

 

同志社の大恩人アルフィーアス・ハーディー氏の5代目子孫、

ニューヨークで活躍のギタリスト:ショーン・ハークネスさんの

東京ライブのお知らせです。

  

日時 :  3月30日(木)及び 3月31日(金) 

      両日共 1st set 19:00〜 2nd set 20:45~ 

場所 :    ヴァーチュオーゾ赤坂(Virtuoso AKASAKA)

      東京都港区赤坂2-13-14 福富ビルB1F

      TEL 03-6441-2981 

アクセス: 地下鉄千代田線赤坂2番出口 徒歩2分(地図Websiteご参照) 

チャージ: ライブセット1,500円+お通し500円 他飲食代        

予約:   要予約

      予約は下記サイトからお申し込みください。

        https://www.virtuosoakasaka.com/live-reservation/

 

Sean Harkness 氏(ショーン・ハークネス):

同志社の恩人Alpheus Hardy氏とSean Harkness氏との繋がり

Alpheus Hardyの3男Arthur Sherburne Hardy

(新島襄の没後、伝記 ”Life and letters of Joseph Hardy Neesima”を書き残す)の系統。

Alpheus Hardy→Authur Sherburne Hardy→Thornton Hardy→

Gelston Hardy→Celinda Harkness(結婚後夫の姓へ)→Sean Harkness(5代目)

本人プロフィール: http://seanharkness.com/about/nihongo/

ボストンの実業家Alpheus Hardy氏は、新島の10年間に渡るアメリカ滞在中、

養父として高校、大学、神学校の学費や生活費等の経済的援助を与えただけでなく、

夫人Susanとともに熱心な宗教者、慈善家として精神的な影響も与えた。

自身が果たせなかった「牧師になる」夢を新島に託し、請われて自らの姓

Hardyを使うことに同意した。Hardy夫妻は新島個人ばかりか、同志社設立の大恩人でもある。

 

★2016年11月7日、礒英夫氏の案内で若王寺山頂新島襄の墓に

   お参りし、墓前にてギター演奏を捧げたハークネスさん

!cid_image001_jpg@01D29D7B.jpg

 

 ★同志社交友会新島会館を訪れた礒英夫氏とハークネスさん

!cid_image002_jpg@01D29D7B.jpg

 

礒 英夫氏:

早稲田大学出身の映像演出家、同志社新島研究会会員 

2010年2月、第167回新島襄生誕記念会でビデオ『新島襄』(48分)製作によって、

第17回新島研究功績賞を授与され、「新島襄とハーディー夫人白菊をめぐって」と題して記念講演。

同年11月に、同志社創立135年記念懸賞論文に応募し、論文「アルフィーアス・ハーディーの系譜

~祖父ジョシアの代から現代につながる子孫まで~」で最優秀賞を受賞、以降、9名の子孫と現在も交流

を続けておられる。

論文掲載先:

https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/15745/009001020006.pdf

   
(紹介者:松村 七五郎 昭35年卒)

 

記事一覧へ