同志社45東京クラブ

  1. HOME
  2. 年次会活動
  3. 同志社45東京クラブ
  4. 第8回「呑べえ会」報告

年次会活動

同志社45東京クラブ

第8回「呑べえ会」報告

第8回「呑べえ会」報告

 

開催日時 : 2019年7月3日(水)午後5時~

開催場所 : 門前仲町「魚三」

参 加 者  : 江澤、鈴木、中牧、向井(計4名)

 

久しぶりに「呑べえ会」を開催した。

事の発端は、5月21日、今年度2回目の「歩こう会」“池袋周辺散歩”。

沼田、松本両幹事の肝いりで行われたが強い雨風に見舞われて、

立教大学キャンパスの見学を終えたところで、予定の見学を断念。

途中参加者が合流する4時からの懇親会までの時間をどう過ごすかという段になり、

カラオケ組と呑み組に分かれた。

その呑み組の4名が今回の「呑べえ会」のメンバーという次第。

 

今回の舞台となった「魚三」は、昭和29年創業で安い大衆酒場として非常に有名である。

地下鉄門前仲町の駅を上がってすぐ並びにありアクセスも便利なところに位置している。

10名以上でないと予約が取れないので5時に店の前に集合した。心配した雨も降らず幸先良し。

店は午後4時の開店だが1階の店内は満員状態。

4名でと声をかけると3階、4階へどうぞとの事だったが結局、2階で席が確保できた。

店内は、コの字型のカウンター席が二筋、人がビッシリ、壁には店名通り、

魚を中心としたメニューがビッシリ。

 

まずは、生ビール、鮪中トロ2人前と〆鯖2人前を注文して乾杯。

続いては日本酒。燗でと4人一致して大徳利を注文。

この店の驚きは、肴の安さもさりながら日本酒の安さ。

やや小ぶりのコップに皿こぼしで一杯、なんと190円。

銘柄は灘の金亀。普通安いとされる店でも一杯400~500円はする。

私一人で来るときはとても大徳利に手は出ないので、

これを機に何倍とれるかを試みたら、12杯見当。

大徳利には一升丸々入っているようだ。

聞けばこれが一本1,450円、一杯単価がさらに下がる計算。

 

続く肴は、梅雨時が旬のアナゴ。白焼きとタレ焼きをそれぞれ一人前、

身がフカフカとしてどちらも美味しい。

そして、江澤さんがどうしてもと所望のクサヤ

何十年かぶりに食べたが、臭いと大違いで美味しい。

この近辺でクサヤが食べられる居酒屋は月島の「岸田や」があるが今どき、

なかなかお目にかかれない肴である。

 

最後は、初めに頼んでおいたマグロのカマがようやく焼きあがって、

30センチもあろうかという大きさで登場。これまた、絶品、そして満腹。

大徳利2本目を飲み干したところでお開きとなった。

勘定は4人で、生ビール4杯、大徳利2本と肴、〆て9,100円。

財布に優しい門仲「魚三」だった。

(文責 向井正男 45文)

    記事一覧

    掲載記事はございません。